久しぶりになってしまいました。

こちらのブログの存在をすっかり忘れてました。
本日、思い立ちまして
昼過ぎから白川郷に向かいました
雪に覆われた白川郷は初めてです。
たぶん。
亡き父は、白川郷へのドライブが大好きでした。暇さえあれば朝5じ前出発昼過ぎ帰宅の白川郷ツアーが家族の安近短旅行でした

世界遺産に認定されてから来るのは初めて。
あまりの変わり方に少々驚きを・・・

子供の頃に訪れた白川郷は住民の生活が隣り合わせだったような・・・
誰かの家に行くような
探検な気分の白川郷。
車両乗り入れ禁止区域が無くて、確か和田家の近くに車を止めて、田んぼと田んぼのあぜ道を走ったりして遊んだ思い出。

現在は世界的な観光地になっており、どこもかしこも長蛇の列。

お土産やさんや、団子売りの店がかなり増え、絶え間ないお客さんにお店の方も少し疲れ気味のご様子。

「五平餅ふたつください」
と声をかけて
お金を出してお釣りをもらい、
五平餅をふたつもらい。
この流れの中で
一言も声を発さないお店の方。

まさに、それはそれは不思議!


そのお店は観光客がドーーーーっと入って来る一番の入り口にあるお店だったので
さぞかし一日中のことでお疲れなんだと思う。


子供に「なんでこんなにたくさんの人がここに来てるの?」と聞かれる

「世界遺産、、、世界の宝物だからだよ」というと、ふぅーーーん。といったご様子

何度かくると絶対好きになる村なんだよね〜
わたしは本当に大好きだったから。

ぶらぶら歩く合掌造り集落の散歩路だった風景は、現在はお土産やさんを覗きながら
人をよけながら歩くところになりましたが
いろんな国から来ている観光客のみなさんと一緒に旅を楽しめる場所にもなりました
駐車場もほとんどが「わ」ナンバーの車ばかり、中国の方々も多くレンタカーを借りていらっしゃってるようでした。

地酒Barのお店では、色んな地酒を一杯500円ほどで楽しめ、わたしも日本酒好きなので注文してみました。

たまたま隣にいた英語圏の男性と話すことになり、彼が呑んでいた酒が素晴らしかった様子で、2本買って帰る!ファンタスティック!と英語で興奮されておりました
なんだかわたしも楽しくなって、一緒にお酒を呑んで楽しみました
彼がすごーく酔ってるのかわからないレベルのテンションでしたので、何杯呑んだの?と聞くと盃1杯だと。😂上がり方が早い!笑

こんな出会いも、ほんとに素敵な思い出です!

白川郷は夏にまた、平日にでも!